2006年11月21日

ホームパーティ!

 <ホームパーティ!>
  → 人気blogランキングへ
(ありがとうございます!)

 先日、我が家でホームパーティをしました!

僅か3か月間でしたが、お世話になった英会話教室の先生方を自宅に招いてのパーティです。


この英会話教室。10月から整形外科のフェローシップとして、アメリカを5週間周る事が決まってから、勉強のために3ヶ月間通ったんですね。


生まれて初めての英会話教室でしたが、良い先生に恵まれて楽しい時間を過ごす事が出来ましたわーい(嬉しい顔)



アメリカでの思い出話や、お互いに異国での生活でのハプニング話などで盛り上がりました。


お酒も入ったせいか、会話も弾み、楽しいホームパーティとなりましたレストラン


シカゴから来ているBrendan夫妻とシドニーからのDarren、そして日本人のMisaki先生に我が家(4人+犬)での小さいパーティ。

DSC00812.JPG

国籍はそれぞれ違いますが、このような時間を共有する事で、とても身近に感じます。



今後も機会を見つけて、開催したいものです。

最後までお読み頂き有難うございましたわーい(嬉しい顔)

Dr.フーのメルマガはこちら
 

まぐまぐ大賞2005
生活・情報部門第1位
「Dr.フーのキトキト!整形外科散歩道」
 → http://www.mag2.com/m/0000133997.html 


→ 人気blogランキングへ
 
  ↑ポチッと応援クリックお願いします!

posted by Dr.フー at 22:18| Comment(48) | TrackBack(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

I'm very happy!

 


みなさん、こんにちは。
Dr.フーです。


先日、嬉しいニュースがありました。

来年のJOA(日本整形外科学会)推薦のTraveling Fellowに選出されましたわーい(嬉しい顔) (これは毎年一人選出されます)
 
 
→ 
人気blogランキングへ

今回は40歳以下という条件付き。 来年40歳の私にはラストチャンスでした。


何人のドクターが応募したのかわかりませんが、いずれにしても一人しか選ばれないFellowshipに選出されたのは嬉しいことデス。


有難いです!

I'm very happyわーい(嬉しい顔)


来年の11月に香港でプレゼンする事になっています。
また楽しみが一つ増えました〜るんるん



今回も最後までお読み頂き有難うございましたわーい(嬉しい顔)

メルマガも宜しくお願いします。
 
まぐまぐ大賞2005
生活・情報部門第1位
「Dr.フーのキトキト!整形外科散歩道」
 → 
http://www.mag2.com/m/0000133997.html

 
→ 
人気blogランキングへ
 
  ↑ポチッと応援クリックお願いします!
posted by Dr.フー at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

松坂大輔投手レッドソックスへ

 
整形外科医Dr.フー
<松坂大輔投手レッドソックスへ> → 
人気blogランキングへ  


西武の松坂大輔投手がレッドソックスによって落札されました。
落札額は約5111万ドル(約60億円)。


想像できない額ですね(^^;
それだけ、高い評価を受けているのだと思います。



嬉しいことですね!


ちなみに、日本選手で入札制度を利用して大リーグに移籍した中では、
二〇〇〇年のイチロー外野手(マリナーズ)の1312万5000ドル
(当時約14億円)を超える最高額だったそうです。


それにしても、最近メジャーリーグ入りを目指す選手が多いですね。


やはり、メジャーリーグでプレーする事は、野球選手にとっては
最高の舞台であり、夢なんでしょう。


でも、その夢を実現できる人はほんの一握りだと思います。
どこの世界でも同じですね。

 


人生一度しかありません。
悔いを残すような生き方はしたくないですね。

自分に言い聞かせていますわーい(嬉しい顔)


ちなみに、挑戦しないで後悔するより、挑戦して後悔した方が
私には合っているようです(^^


ところで、
松坂投手がインタビューでこう答えていました。


 「成績を残して、敵地(ヤンキー・スタジアム)で
ブーイングを受けるようになりたい」


ブーイングを受けれるぐらいの大活躍を願っています!

頑張れ!大輔!

人気blogランキングへ



今日も最後までお読み頂き有難うございましたわーい(嬉しい顔)

<メルマガはこちら>
 
まぐまぐ大賞2005
生活・情報部門第1位
「Dr.フーのキトキト!整形外科散歩道」
 → 
http://www.mag2.com/m/0000133997.html



 

posted by Dr.フー at 22:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

Dr.コトー診療所に想う By Dr.フー


Dr.コトー診療所に想う>


ついつい、惹きこまれるように見入ってしまいました
そして、またまた心に響きました...


先週、帰国するまでの5週間。私はアメリカで最先端の医療施設、
医療技術を目の当りにしてきました。

 


それは、私にとって大きな感動でした。

 


でも、この「Dr.コトー診療所」では別の意味で大きな感動を
覚えます。


医療設備が満足に整っていない、交通手段も限られている孤島での診療所。


決して諦めない強い気持ちと、情熱で立ち向かう姿。


人が人を治す。


そんな医療の原点をみるているようです。

 
そして、大自然をバックに、家族、人と人とのつながり、尊い命、愛情などなど、私達の生活にとって大切なテーマを描いた最高のヒューマンドラマ
だと思います。
 

ありきたりの感想になってしまいましたが、一個人として、一医療人として
共感できる素敵なドラマです。

 


それにしても舞台となっている志木那島。
キレイですね。

 

一度行ってみたいです。 人気blogランキングへ  



メルマガはこちら
 
まぐまぐ大賞2005
生活・情報部門第1位
「Dr.フーのキトキト!整形外科散歩道」
 → 
http://www.mag2.com/m/0000133997.html


今日も最後までお読み頂き有難うございましたわーい(嬉しい顔)


 


 

posted by Dr.フー at 23:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

無事に帰国!

11月2日

<無事に帰国>

さらばアメリカ!さらば友!

いろいろあった5週間。

キャンセル続きで移動できなかったシカゴ。ロストBaggageのために
手術着を寝巻きにした休んだRochester。


大雪のため、空港でスタックしてしまったデンバー。

天候には恵まれませんでしたが、素敵な多くの人々との交流、そして
何より朝から晩まで一緒に過ごした最高のフェロー達。


いよいよお別れです。


ホテルで最高の友であるフレドリックとハグしてお別れ。
空港まで一緒に行ったポールとやはりハグしてお別れ。


JAL61便成田行きは30分遅れでLAを離陸しました飛行機
さらば、アメリカ!さらば友!


機内ではひたすらPCに向かって仕事。
なぜでしょう...?(^^;


11月3日


<久しぶりの我が家>

自宅に約10時間のフライト、成田から成田エクスプレスと新幹線、
タクシーを乗り継いで自宅に着いたのは夜の8時。


久しぶりの我が家です家

妻と二人の娘、そして長男のSORA(愛犬)。
ホット一息です(^^


でも、明日はまたホテルに泊まります。
WHY?


11月4日

<Dr.フー新潟に現る!?>

時差ぼけも関係なし!(^^;

7時過ぎの新幹線に飛び乗り、一路新潟へ!
そのまま駅からタクシーで朱鷺メッセに向かいます。


実はここで「臨床バイオメカにクス学会」が開催されているのです。
何と2演題発表をしなくてはいけなかったんですね(泣


ギリギリまでPCをいじりながら、スライドを作成。
何とか無事に発表をすませました。


もちろん、日本語ですよ(^^
楽チンです(笑


夜はフロリダから招待講演で来日していた友人のScottと、その友人の
もとへ留学している近先生たちと夕食。

 
も、もちろん日本食です!

いろいろと楽しい話で盛り上がりました。

ただ、さすがに疲れが溜まっているようで22時過ぎにはグロッキー。
ホテルに戻り、シャワーを浴びてぐっすりと休みました。



ば、爆睡です Zzzz...眠い(睡眠)


11月5日


<娘達との時間>

朝5時に起きて、新潟始発の新幹線に乗り込んで自宅へ。
8時前には自宅に戻り、娘達との時間です(^^


習い事の送り迎えをしたり、一緒に買い物に出かけたり。
子供は可愛いっス!わーい(嬉しい顔)


サテ、明日からいつものように仕事です。
何だか緊張です。


11月8日


<70通のメール>

つい先ほどまで、ひたすらメールを送り続けていましたmail to
アメリカで出会ったドクターや素敵な仲間達と交換したメールアドレス。


これが実に70にのぼります。

お世話になった人々へ、お礼の気持ちを込めてひたすらメールを
送っていました。


メモっていた手帳をみながら、その時の出来事を思い出しながら...


凄い人脈です。




ありがたいです!




このブログを更新したら、もう少し残っている人たちへメールします。


最後までお読み頂き、有難うございました!


出来ましたら応援クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)
人気blogランキングへ  

宜しければメルマガもどうぞ。
 
まぐまぐ大賞2005
生活・情報部門第1位
「Dr.フーのキトキト!整形外科散歩道」
 → 
http://www.mag2.com/m/0000133997.html
 

また、お会いしましょう〜!

 







posted by Dr.フー at 22:46| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

別れ...


 11月1日

<別れ...もうやだ〜(悲しい顔)

長かったようで、あっというまの5週間でした...

http://www.kneesociety.org/index.asp/fuseaction/site.jif

アジア・環太平洋代表として選ばれ、アメリカから2人、ヨーロッパから1人の計4人でのTravelling Fellowshipとしての旅も今日でおしまいです。



沢山の貴重な経験を得る事が出来ました。


今夜のDinnerで最後の別れを惜しみました...

私が最も英語がpoorでしたが、他の3人がしっかりサポートしてくれました。

Thank you my friends!


朝から晩までズット4人一緒。

それぞれに個性があり(私を含め)、時に対立する事もありましたが、
この5週間の間にお互いに認め合う事が出来ました。


最年長でリーダー役だったLowry.
妥協を許さないHarpal.

いつも優しくフォローしてくれたベストフレンドFredrik.

彼らはみな私のかけがえのない友人です。



最後に4人でじっくり飲みました。
沢山の思い出話で盛り上がりました。


そして、最後に熱く抱擁。

みんな涙ぐんでいましたふらふら


今日でお別れです。


明日はそれぞれの時間で、それぞれの場所に戻ります。


Thank you Lowry!

DSC01465.JPG


Thank you Harpal!
 
DSC01615.JPG

And thank you my best friend, Fredrik!

DSC01616.JPG

貴重な時間をありがとう!


by フー。  
posted by Dr.フー at 16:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

大雪のデンバーから南国のカリフォルニアへ!

10月26日

<雪のデンバー>

朝から降り続いている雪(--
学生時代を含め、雪国に10年ほど住んでいたので、雪には慣れていますし、決して雪は嫌いではありません。

でも、今日は移動日。どうして今日なの?!ふらふら
フェロー4人とも飛行機がキャンセルにならないか心配です。


午前中にプレゼン。


何度も発表を繰り返していますので、相当余裕を持ってプレゼン出来る
ようになりました。


毎回思うのですが、外国の人のプレゼンは上手い!

身振り手振りを交えながら、写真や絵を取り入れて説得力のあるプレゼン
をします。もちろん、笑いをとることも上手です。


私も毎回1度は笑いをとるように、工夫をしています(^^


それにしても、デンバーの先生方およびスタッフは、非常に親切で
とてもフレンドリーでした。


僅か2泊のデンバーでしたが、別れるときには思わず涙が出そうになるくらい、別れがたく、スタッフのみんなと心が通じ合ったような気持ちになりました。


こういう気持ちは大切にしなくちゃ。
みなさんもそう思いませんか?(^^


さて、天気の方ですが相変わらず雪が降り続いています(--


とりあえず、車にスーツケースを積み込み、フェロー4人で乗り込みました。


出発前に空港に問い合わせとところ、キャンセルではなくて「DELAY」
遅れるとの事。


このままキャンセルにならないことを祈りながら、無事に空港に到着。
出発便の表示を見ると、まだ「DELAY」のままです。


一応、チェックインを済ませて、天候の回復を待ちます。
天気予報では明日は快晴。


何とか少しで早く天候が回復してくれれば、多少遅れても目的地である
コロンブスに行くことが出来ます。


そして、祈りながら待った結果は....




オッケー!わーい(嬉しい顔)


予定より3時間遅れましたが、無事にフライトする事が出来ました。
今夜の予定は、ホスト役の先生の自宅でのディナーです。


はい、今夜もウェルカムディナーです(汗


時間が相当遅れましたので、空港から直接自宅へ向かいます。


ちなみに空港に迎えに来てくれたのは、某医療メーカーの人でしたが
乗ってきたのはとてつもなく大きな車。


聞けば、ホストの先生の車だとか。何でも17台の車を所有しているそうです。
→ 車については後ほどお話する事にしましょう(^^


しかも用意されていたのがウェルカムシャンペン。さらには手紙付きの
ワインまで。


超VIP待遇です。どんな自宅なんでしょう...


さて、30分ほどかけて自宅に到着。
何?これ?
 

写真で全てをお見せで出来ないのがとても残念ですが、凄い!
何と表現したらよいのでしょう。。。


家具は全て特注品か輸入物。何でもコレクションのクセがあるそうで
(車もそうらしいです)、全てにこだわりがありそうです。


まずは、なぜか先生の整形外科医としての生き方のプレゼンを30分ほど
聞くことになりました。


それからワイン、ディナー、デザート。ゆっくり2時間以上かけてのディナーです。


DSC01540.JPG

↑これ自宅の一室です(^^;


その後、広〜い自宅を案内してもらいました。というか案内されました。

サプライズの連続です。

それからやっとホテルへ。

チェックインできたのは夜の11時半すぎ。疲れきって部屋に入ると
またまたサプライズ。


部屋にはスポーツバッグとフルーバスケットが用意されています。

DSC01544.JPG

しかも、バッグの中にはポロシャツやらUSBキットやら、いろいろな物が
入っています。


今までに無いパターンです(^^;
これから先、どんなサプライズが待ち受けているのでしょう...


明日は6時半からカンファレンス。7時から手術見学です(^^;


シャワーを浴びて、すぐにベッドへ。
もうバタンキューです...


おやすみなさい...


10月27日

<コロンブス2日目> いろいろ初体験♪


午前中は手術見学。


ここには、昨年アメリカ代表でこのフェローシップに選ばれたキート
という医者がいます。


彼は昨年経験しているので、私達フェローの気持ちがわかるのでしょう。
いろいろサポートしてくれました。


サンキュー!キート!


この病院はホスト役の先生が作り上げた理想の病院だそうです。
エントランスはホテルのよう。

DSC01546.JPG
 

患者さんの事をとても良く考えていて、医師、看護士、リハビリスタッフの
コミュニケーションが非常にスムーズにいく構造になっていました。


参考になりますね。

さて、午後はご遺体を使わせていただき、実際と同様に手術を
させてもらいました。


こうやって、手術手技だけではなく多くの研究がされています。

日本では、様々な問題があってこのような事は中々出来ません。

これも貴重な経験でした。


さあ、一番驚いたのがこのホストの先生のコレクション。

何だと思いますか?


それは、車!
カーマニアなんです。


しかも目立つのが好きだとのこと。

演出が大好きで、われわれフェロー4人を迎えに来たのが、何と
一人に1台の車。


ランボルギーニ2台。
ジャガー1台。

そしてポルシェ1台。

しかも好きな車を運転していいよ!って...

国際免許書を持っていなかったので、運転は出来ませんでしたが、

アメリカのフェロー2人は超緊張した面持ちで、ランボルギーニを
運転していました。


私の運転席に座らせてもらい、しっかり写真を撮ってもらいました(^^


さて、こうやってまず向かったのが、17台の車の車庫。

何と車の管理のためだけに、専用の広〜い車庫を購入し、さらに
専属のスタッフまでやとっているのです。


すごい!沢山写真を撮ってきました(^^

↓ランボルギーニ 
DSC01561.JPG

さて、それから向かったのがアイスホッケーアリーナ。
この日はロサンゼルスのチームとコロンブスの試合があったのです。


4人で招待されて、シートは何と最前列。


初めて生で見ましたが、凄い迫力なんですね。
まさに肉弾戦。


DSC01564.JPG


これまた初体験でした。


 


10月28日

<最終目的地 ロスへ>

午前中はプレゼン。

我々以外にも10人ほどの先生がプレゼンをして、活発な討論が
行われました。


何を聞かれているのか、相変わらずわからない事もあるのですが、
最近は、キーワードだけひろって、無難に答えることが出来るように
なりました。


だいぶ英語耳になってきているようです(^^


午後から、シカゴ経由でロスへ。

な、長旅です(^^;


無事19時にホテルにチェックイン。
夕食は、フェローの心使いで寿司を食べに行く事になりました。


ここには、私の大学の先輩が9月の末から留学しています。

声をかけてフェローたちと一緒に食事をしました。

日本人のシェフが一人いたので、特別注文(^^
日本のビールと刺身、お寿司に大感激でした。


 

10月29日

<セーリングを楽しむ!>

今日は日曜日。
完全なフリータイムです。


ホスト役のビンス先生が声をかけてくれて、一緒にセーリングを
楽しむ事になりました。


大学時代にヨット一筋。国体にまで出た事のある私には最高の
休日です。


ロサンジェルスから1時間ほどかけて、カタリーナという島に
行きました。


カタリーナ島 → http://www.catalina.com/main.html
そこで、ランチ。

島の小高いところにあるレストランからの一望は最高でした!

DSC01578.JPG

ショッピングを楽しんだ後に、ビンス先生所有のJ-120クラスの
クルーザーでハーバーまでセーリングを楽しみました。

 
↓初めてクルーザの舵を握るポール
DSC01593.JPG
 


約40キロほどなのですが、風の力だけで帰ったので3時間以上
かかり、帰りは真っ暗。


でも、水平線に沈む夕日は格別でした。
DSC01594.JPG
 


夕方からだんだん寒くなり、途中からブルブル震えながらの
セーリングでしたが、私にとっては最高の休日になりました。


10月30日

<Dorr Arthritis Institute>

今日はDorr先生の病院へ。

午前中にスライドを使わずに、じっくりと一人当たり30分以上
時間をかけてディスカッションをしました。


いや〜。厳しく突っ込まれました(汗
でも、これも経験。


夜はDorr先生と奥さん、スタッフを交えてディナー。

もう、肉は食べれません(涙


明日は、手術見学です。
体調を整えて、早く寝ないと...


最後までお読み頂き有難うございました。


出来ましたら応援クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)
人気blogランキングへ  

宜しければメルマガもどうぞ。
 
まぐまぐ大賞2005
生活・情報部門第1位
「Dr.フーのキトキト!整形外科散歩道」
 → 
http://www.mag2.com/m/0000133997.html
 



 

 

 
posted by Dr.フー at 09:56| Comment(2) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

Dr.フー大雪に遭遇!ど、どうなる?

みなさん、こんにちは。
ブログの更新が滞ってしまいました(汗


さすがに2泊3日のペースで移動を続けるのはハードです(^^;
ブログ更新のパワーが不足していました。


楽しみにして下さっていたみなさん。
すみません。


今日は一気に1週間分の旅行記をお知らせしますね。




10月21日(土)

<NYでの完全休日>


今日は完全なフリー。友人と家族で(ウィンドー)ショッピングに出かけたり、散歩したりして、久しぶりにリフレッシュしてきました。


昨夜のディナーで「ニューヨークは歩く街」だと教えられていたので、
それこそ「キョロキョロ」しながら歩きましたが、なるほど刺激的な街です。


歩いているだけで楽しい気持ちになれます。

土曜日だという事もあり、人で溢れかえっていましたが、全く苦になりませんでした。


アメリカでは肥満が一つの大きな問題になっていますが、5thアベニューを
歩いている人はみなさんおしゃれで、肥満の人は殆ど見かけませんでした。


DSC01419.JPG

↑ 5thアベニュー

肥満というだけで、「自己管理が出来ていない」と判断される面があるのも
何となく理解できます。


ランチは友人のお薦めと言うことで、ニューヨークバーニーズの
最上階でランチ。


味は最高に良かったですが、値もそこそこはりました(^^;

ちなみに、ヨーロッパを中心に活躍している女優さんが、食事をしていました。
↑ というか、していたそうです。(私にはわかりませんでしたが...)


夜は、やはり友人お薦めの「韓国料理」を楽しみました。
値段もとてもリーズナブルで、味も最高。


 

特に、ユッケと麺が最高でした(^^

ニューヨークでの最後の日は、あっというまに過ぎていきました...
とにかく刺激的な街でした。


また、来たいところです!わーい(嬉しい顔)


 

10月22日(日)

<ニューヨークからシカゴへ>

午前中に家族と友人との別れ。

友人の夫のジョン(私と同じ年)が、某大学にヘッドハンティングされて、
来年新しい教室を1から立ち上げるそうです。


そのため、タンパから引っ越すとの事。
今度はいつ会えるかわかりません。


別れを惜しみ、再会を誓って友人はタンパへ。家族は日本へ向かいました。


そして私はシカゴへ。

またまたフェローの集合です。
他のフェローもそれぞれにリフレッシュした時間を過ごしたようです。


さて、シカゴと言えば...


悪天候のために、キャンセル続きでインディアナに行けず、
ホテルに宿泊したり、Baggageが出てこなかったりした思い出の場所。


「シカゴアゲイン?!」


なんて少々不安でしたが、何事もなく無事に到着しました。


さて、シカゴの気温。何度だと思いますか?
さ、寒〜い!


到着した時の気温は「2度!」
みんな慌ててコートを羽織りました。


でも、このおじさん。
DSC01465.JPG

フェローのローリー。


彼はいつでも超が付く位「薄着」です。
脂肪が守ってくれているのでしょう(^^;


そんな事は言えませんが(^^



さて、今日は日曜日なので、ウェルカムディナーはありません。


今回訪問する予定の「RUSH UNIVERSITY MEDICAL CENTER」に去年から留学している後輩に連絡をとり、日本食レストランに連れて行ってもらいました。


贅沢だと思いながらも、思わず「アサヒスーパードライ」と枝豆を注文。

旨かったっス!


後輩の存在がこれほど有難く感じたのも久しぶりです。
サンキュー!後輩!わーい(嬉しい顔)


 

10月23日(月)

<恐るべしRUSH>
ラッシュと言えば、整形外科では非常に有名な病院です。

DSC01494.JPG


私の後輩を含め、多くの日本人が留学しに来ています。



 


中にはトップとして、自分の研究室を持っている日本人もいます。


今日は朝から手術見学。ここは全米で唯一、人工関節置換術(膝と股関節)を日帰りで行っているところです。


日本では1ヶ月ほどかかる入院期間が、ここでは「日帰り」です。


以前より知っていましたが、実際に手術をみるのは初めてだったので
大変興味深かったです(^^


 

ただ、これが日本で実現できるか?
う〜ん。かなり難しいでしょうね。


いろいろ刺激を受けました(^^


そして夕食はいつものように「ウェルカムディナー」...

確実に太ってきています(涙


 

10月24日(火)
<シカゴからデンバーへ>


繰り返しますが、こちらの朝は早い。


今日も6時集合。ドクターラウンジで、コーヒーとパンでの軽い朝食をすませてカンファレンスが始まります。


RUSHで働いているドクターや我々フェローのプレゼンが終わり、午後から
デンバーへ向かいました。


デンバーと言えば、多くのスキー場や、綺麗なゴルフコースが
沢山ある事で知られています。


寒さを心配していましたが、この日は最高の天気。
まさに雲ひとつ無い快晴です。


夕方6時にホテルにチェックイン。

ディナーに備えて?というか減量のために、フィットネスジムへ。
40分ほどしっかり走りこみ、気持ちの良い汗をかきました。


さあ、今夜もウェルカムディナーへ「いざ出陣です!」

いつものように、ワインを飲みながら自己紹介や仕事の話で
和んでいきます。


さて、このレストラン。非常に高級で有名なのだそうですが、そのボリュームには驚かされました。


前菜がメインディッシュを思わせるボリュームなのです。


しかも、内容がラム肉。ガーリック風味のシュリンプ。
そして大きな春巻き。


思わず、「これ、頼んでないよ?!」と言ってしまったほどです。

こちらのドクター曰く。
ここは味も良いけどボリュームも凄いよだって...


苦笑しながら頷くしかありません。


それでもみんなフレンドリーで、話もはずみ、結局デザートまで
殆ど完食してしまいました。


こ、これでは肥るわけです...(大汗


 

10月25日(水)

今日は、手術見学の日。
コンピューターでアシストしながらの手術です。


コンピューターを使用して、正確な手術をするのが目的です。
時代は確実に流れています。


夜は、ホスト役のデニス先生の自宅に招かれて、くどいように
ウェルカムディナーです(汗


ホテルかと思わせるような大豪邸でした。


こちらのドクターはここでは書けないくらいの年収をもらっています。


日本では無理です...



ちなみにデニス先生は、お孫さんが生まれたばかりで
ご機嫌でしたわーい(嬉しい顔)

DSC01529.JPG

 


10月26日(木)

<デンバーからコロンブスへ>


今日は午前中にプレゼン。昨夜、気合を入れてスライドを
つくり直しました。


さて、朝6時にホテルを出発です。

重いスーツケースを引きずりながら、ロビーに行くと。。。

あ、あれ?
妙に静かです。


これ、、昔に何度も経験した雰囲気です。


ゆ、雪?


嫌な予感は当たりました。
大雪です。

DSC01531.JPG
↑ホテルのロビーから撮影しました。
タクシーの屋根に雪が積もっているのがわかりますか?

この後、激しく降り続きました...
 
こんな天気で飛行機は飛ぶの???


続きは次回...

お楽しみに〜♪

 まだまだアメリカの旅は続きます♪
最後までお読み頂き有難うございました。


出来ましたら応援クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)
人気blogランキングへ  

宜しければメルマガもどうぞ。
 
まぐまぐ大賞2005
生活・情報部門第1位
「Dr.フーのキトキト!整形外科散歩道」
 → 
http://www.mag2.com/m/0000133997.html
 



 


 








posted by Dr.フー at 13:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

Dr.フー.NYに入る!

ついにNYに入る!

10月17日

ロッチェスターからNYへ!

シカゴ経由でNYに入る予定でしたが、ミネアポリス経由に変更して大正解でした。


この日も天候が悪く、ロッチェスターからシカゴ行きはキャンセルだったそうです。

よ、良かったわーい(嬉しい顔)



雨のNYに到着したのは夕方6時。
う〜ん。またまた「はじまりはいつも雨」♪が流れてしまいます。


ところで、このNYには、今回のフェローシップをサポートしてくれている財団があります。素晴らしいことに、spouse(妻)も招待されています。


我が家は、せっかくの機会なので子供達も呼びました。



さて、ここ3日間出てこなかったBaggage。NYのホテルに届いている事を期待しながら、チェックインしましたが、届いていないと...

ガ〜ンがく〜(落胆した顔)



NYでは、毎晩のように世界的に有名な先生方とのDinnerが予定されています。このままでは、ホテルで必要なスーツやシャツなどを購入しなくてはいけません...ふらふら



7時半からのDinnerまで残り25分。
もう、時間がな〜い(涙


殆ど諦めかけていたその時。
コンシェルジェから電話が。
 

「Baggageが届きましたので、今から部屋に届けますね。」


「あ、ありがとうございます!!!」


3日ぶりに届きましたわーい(嬉しい顔)

DSC01421.JPG
 
愛しのbaggegeの到着です。
こ、これで着替えができる〜わーい(嬉しい顔)


この夜は、無事にスーツでディナーに出席する事が出来ました(^^



10月18日 (NY2日目)

今日は、朝7時からISK(Insall Scott Kelly Institute)という、人工関節では世界的に有名な病院でのプレゼンです。

今回のフェローシップ(Insall Traveling Fellowship)を立ち上げている所です。


著名なDrが沢山働いています。


プレゼンの会場も今までとは違い、ピリッとした緊張感と格調高い雰囲気で溢れています。

今までのプレゼンの中で一番緊張していました(汗


で、でも、不思議なものです。

プレゼンが始まる前には、何だか物凄く落ち着いた気持ちになれ、無事に済ませる事が出来ました。

まあ、殆ど開き直りですが...

夕方に少しだけですが、時間があったのでセントラルパークを歩いてみました。

緑で囲まれたキレイな公園でした。

下の写真はそこで見かけたリスです。
DSC01369.JPG
↑わかりにくくてすみません..

そして夜は当然のようにディナーレストラン

なんだか、ここ2週間で1年分のワインを飲んでいる気がしています...
の、飲みすぎ!です...


10月19日(NY3日目)


手術見学やカンファレンスで1日が過ぎていきました。
とってもシ・ゲ・キ・テ・キ!

夜は当然Dinnerなのですが、この日は今回のフェローシップの最高責任者。整形外科医としても当然著名なScott先生の自宅に招かれました。


それは素晴らしい時間でした。

何より、Scottをはじめ、一流の先生方と話が出来るのは最高の時間でしたわーい(嬉しい顔)

感謝・感激です!

DSC01394.JPG

中央がScott先生です。
とにかく、素晴らしい時間でした。


10月20日(NY3日目)

今日は、HSS(Hospital Special Surgery)という、これも有名な「整形外科専門)の病院に手術見学に行ってきました。

DSC01418.JPG

中央が整形外科(人工関節部門)のチーフ。
右はフェローのフェドです。


そして夜。

NY滞在中で最も大切なDinner。
ISKの著名なDrとその奥さん。フェローとそのspouse。そして何より今では亡くなってしまったInsallの奥さんまで参加してくれました。


これまた素晴らしい時間でした。
食事やワインも素晴らしかったのですが、多くの人とコミュニケーションがとれたことが一番の財産になれました。

DSC01431.JPG
 
Insallの奥さんを中央にして、フェロー4人でパチリ!


それから、今日はとても嬉しいことが重なりました。
2年前に仲良くなった友人がNYに会いに来てくれました。

ちなみに日本人で、彼女の夫はUSF(University of South Florida)
の外科の助教授です。


時間を作ってくれてありがとう!

友人って、とても大切ですね。

さあ、明日は最後のNY.
明後日にはシカゴに移動です。


まだまだアメリカの旅は続きます♪


最後までお読み頂き有難うございました。


出来ましたら応援クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)
人気blogランキングへ  

宜しければメルマガもどうぞ。
 
まぐまぐ大賞2005
生活・情報部門第1位
「Dr.フーのキトキト!整形外科散歩道」
 → 
http://www.mag2.com/m/0000133997.html
 



 


 








posted by Dr.フー at 13:36| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

3度目の悪夢m--m

3度目の悪夢

10月15日(日)フィラデルフィア → ミネアポリス → ロッチェスター
今日は最高の天気。


日曜日ということもあり、家族連れを沢山見かけます。


我々も今日の午前中は久しぶりの完全フリー。
疲れが溜まっていたせいか、9時まで寝てしまいました(^^;


日本から持ってきたCDを聴いたりしながら、メルマガを配信。

→ http://www.mag2.com/m/0000133997.html

昨日頑張りすぎたせいか、体中が筋肉痛です(汗


(昨日はジムで思いっきり汗を流しました^^)


12時前に軽いランチを済ませて、エアポートへ移動。
チケットカウンターで、チョッとしたハプニング。

何と、フェローの一人であるフェドのチケットが、旅行会社のミスで
予約されていませんでした。

オー・マイ・ガッシュ!がく〜(落胆した顔)

今回のチケットは全て、アメリカン・エージェンシーが予約してあるのですが、度々問題が起こります(--

迎えにくるはずのタクシーが来なかったり...

あわてて、フェドのチケットを購入して、われわれと同じ便で出発する事が出来ました。

そして、45分遅れて出発。
実はこの45分が悲劇をもたらすとは思いもしませんでした。

今日の最終目的地であるロッチェスター行きの便は、ミネアポリスを5時5分に離陸予定でした。 


そしてミネアポリスに到着したのが4時55分。
結局、機内から出れたのは5時2分ほど。

時間がありません...


ただ、NW(ノースウエスト)の乗換えだったので、常識から考えれば
フライトを待っていてくれるはずです。


と、ところが...



走りに走って、我々がゲートに当直したのが5時8分。
でも、なんと非常にも我々を置いて「オンタイム」で離陸していった
のです。


な・なんで!?ちっ(怒った顔)

(私たち4人以外にも乗り遅れた人が数人)

しかも、この便の後がキャンセル!
そして、例の如く「Baggage」をまたまたロストしましたもうやだ〜(悲しい顔)

フェロー4人とも。。。


 「オー・マイ・バッグ!」...

 
 何てつまらないジョークを飛ばしている場合ではありません。

宿泊先のアドレスとバッグの特徴を伝えて、ロッチェスターまでの
移動手段を考えなくてはなりません。


トレイン、レンタカーなどいろいろ考えましたが、みんな精神的にも
肉体的にもかなり疲れていたので、結局タクシーで移動。


ドライバーに交渉して少し安くしてもらい、結局140ドルで無事に
ホテルに到着しました。


バッグが届くはず?(そう願いながら)だから、届いたらすぐに
部屋に届けてもらうように伝えて、4人で食事。


早めに休みました。

10月16日 (ロッチェスター2日目)
朝起きてすぐに確認。
バ、バッグは?!


....


届いていませんでしたふらふら

今日は朝6時過ぎから世界的に有名な「メイヨー クリニック」です。

7時前にはじまった大きな講堂のような場所で、フェローの4人が紹介
され、一人ずつのプレゼンが始まりました。


何もこんな広い場所でしなくても。と思いながら...

大体、私が最後のプレゼンなので(あらかじめスケジュール表に組まれている)この待っている時間がとても長く感じられます。


前の3人のフェローも、毎回少しずつスライドをマイナーチェンジしながら、
プレゼンに磨きをかけています。



私も今回は少し表現を変えたりしながら、何とか無事に終えることが
出来ました。


ただ、激しい質問攻めには困ります(^^;
もっと語学力を磨かないと...

日々、これ「精進」です。


さて、バッグのほうですが。。。


最悪の場合も考えて、寝巻き代わりにオペ着を持って帰りました。


そして、最悪の予感は的中。
ホテルにバッグは届いていませんでした m--m


仕方ありません。


夜は同じ服を着て(2日目)メイヨー クリニックの先生方とのディナー。
いつものようにワインを飲み始めたら、バッグの事はスッカリ忘れ、
楽しい食事会となりました。


た・単純です(^^



2次会はドクターの自宅。
DSC01355.JPG


ここロッチェスターはかなり寒く、自宅には薪が炊いてありました。

素晴らしい家でした。

ここでもワインを飲みながら、会話。
ホテルに着いたのは23時を過ぎていました。

そして、バッグは?


届いていません...もうやだ〜(悲しい顔)

一体、どうなってるの!?


眠い目を擦りながら、下着を洗濯。
(食事中の方すみません)


仕方が無いので、朝までに乾く事を期待して「素っ裸」で
毛布に包まって寝ました。


(注)想像はしないで下さい(^^;


10月17日 (ロッチェスター 3日目)

アメリカの病院(クリニック)は基本的に朝が早いのが特徴です。

ちなみに正面玄関はホテルのようです。

DSC01357.JPG


6時過ぎにはカンファレンスが始まったりします。


ホテルでのチェックアウトを済ませて、オペ着のままクリニックへ。
カンファレンスに参加した後、軽く朝食を済ませてオペ見学。


今日は、シカゴ経由でNYに向かう日です。


ただ、昨日の2次会でミネアポリス経由でNYに向かった方が早く
着くし、確実だとのアドバイスをもらい、変更しました。


(シカゴではすでにイヤとなるほどキャンセルを味わっていますので)


NW(ノースウエスト)にNYのホテルのアドレスを連絡。
後はNYにバッグが届くのを期待するばかりです。
 

た・頼む〜。届いて〜!

つ・づ・く...

最後までお読み頂き有難うございました。


出来ましたら応援クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)
人気blogランキングへ  

宜しければメルマガもどうぞ。
 
まぐまぐ大賞2005
生活・情報部門第1位
「Dr.フーのキトキト!整形外科散歩道」
 → 
http://www.mag2.com/m/0000133997.html
 


 
 
 
 
 
 


 

 
posted by Dr.フー at 11:11| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。