2006年09月30日

整形外科医Dr.フーの「いざ挑戦!」

いざ挑戦!


いよいよ「Insall Travelling Fellowship」が近づいてきました(^^;

→ http://www.kneesociety.org/index.asp/fuseaction/site.jif
2006年度代表が私です。


2週間ほど前までは、かなりの重圧を感じていましたが、2日後に迫った今では、不思議なほど気持ちも楽になり、心地良いほどの緊張感になりました。


このFellowshipは毎年行われており、今年で5回目になります。

アメリカから2名、ヨーロッパから1名、そしてアジア・環太平洋から1名が代表として選出され、全米の有名な病院や研究機関・施設を周ります。

今年はカナダの1箇所を含めて全米13箇所を周ります。
まだ他のメンバーとは会った事はもちろん、話をした事もありません。

全米ツアーといえばカッコ良いですが、さしずめ某番組の「あいのり」みたいなものかもしれません(^^;


さて、
世界には多くのFellowshipがありますが、私が参加するのは人工関節(特に膝関節)を専門にしている整形外科医が対象になります。


実は、私は3度目(3年目の正直)の挑戦で初めて選ばれました。

1度目:書類選考であえなく落選(← 当然の結果

2度目:書類選考を突破。ある晩、二人の娘との入浴中にNYの本部から電話。慌てて素っ裸の状態で電話に出ると、いろいろ質問攻撃。(ちなみにこの電話、アポなしですがく〜(落胆した顔)

半分くらいしか答えられなかったでしょうか。数日後に残念な通知が。
2度目も落選です。


そして3度目(3年目)

この間、英語論文や海外学会発表を積み上げて再再挑戦!
無事に書類選考は突破。

すると、今度はメールでNYに電話するようにとの指令。(時間まで指定されていました)

電話面接で落ちるのはコリゴリ。そこで、友人の通訳にお願いして、電話する際に隣にスタンバイしてもらいました。

そしてビビリながら電話。

すると、直通でDr.Norman Scottへ。 ← この分野では大御所っス(汗

結果は。。。


「Congratulations!」

そして、

「君に決まったよ。来年の10月からは大丈夫かい?」

「ホントでしゅか!? あ、ありがとうございます!」
「もちろんでしゅ!い、行きます!」

 ↑ 日本語に訳すとこんな感じの英語だったと思います。
   如何せん、喜びと興奮であまり何を喋ったのか覚えていません。

その後に、少し会話をして無事終了となりました。

いや〜。嬉しかったです。わーい(嬉しい顔)


この時、しみじみ思いました。

続ける事は大事なんだなぁ〜って。


強く心に思うことがわれば、挑戦すべきなんだよなぁ〜って。



あっ。このブログ日記も初挑戦です(^^;
つ、続けられるかな〜(汗
人気blogランキングへ
↑ ポチッ!と応援クリックお願いしま〜す!
posted by Dr.フー at 16:10| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。